Talend Open Studioのコード(ルーチン)の新規作成方法

Talend Open Studioコード(ルーチン)を新規作成する方法についてご紹介します。この記事は、Talend Open Studio for Data Integration v5.4.2 をベースに作成しています。

この記事で作成するコード(ルーチン)は、過去の以下の記事で作成した「t001_SampleJob」で使用することを想定した内容になっています。このサンプルジョブでは、総務省が提供する「標準地域コード」のCSVファイルを題材にした内容になっています。このジョブの作成方法は以下の記事にてご紹介済みです。是非御覧下さい。
Talend Open Studio で簡単なジョブの作成(前半)
Talend Open Studio で簡単なジョブの作成(後半)

Talend Open Studioにおけるコード(ルーチン)はJavaクラスとして扱われます。コードエディタを開いて分かりますが、一般的なJavaクラスのコードと同様に、package、classの宣言が実装されたものです。従いまして、コード(ルーチン)にはJavaコードのスキルが必要になりますが、Javaコードはインターネットを検索したらいくらでも拾えますので、シンプルなものならJavaコーディングの経験がなくとも作成することはできるでしょう。


1.コード(ルーチン)を作成する前に、まず初めにコードを保存するフォルダを作成しましょう。標準では「system」というフォルダのみ存在しており、その中には標準コード(ルーチン)が格納されています。独自コード(ルーチン)が付属の標準ファイルに混在してしまうとメンテナンス性が落ちるため、別フォルダに作成するように進めています。操作としては、リポジトリツリーの「コード」>「ルーチン」で右クリックメニューを起動し、「フォルダの作成」を選択します。


Sponsored Link

コード(ルーチン)を保存するフォルダの作成

コード(ルーチン)を保存するフォルダの作成

2.フォルダ作成のダイアログが開いたら、フォルダの名前を入力します。ここでは「SampleCode」としています。

コード(ルーチン)フォルダの名前設定

コード(ルーチン)フォルダの名前設定

3.フォルダを作成したらルーチン新規作成します。新規作成には、フォルダで右クリックメニューを起動し、「ルーチンの作成」を選択します。

ルーチンの作成

ルーチンの作成

4.ルーチンの新規作成ダイアログが開いたら、最低でもルーチンの名前を設定します。ここでは「SampleClass1」としています。ここで命名するルーチン名がJavaクラス名になります。 この名前をつけることで、routines.SampleClass1クラス として扱われます。

新規ルーチン作成のダイアログ

新規ルーチン作成のダイアログ

5.ルーチンの新規作成ダイアログで「終了」ボタンをクリックすると、ジョブのデザインエリアにJavaコードのエディタが起動します。コーディング内容は次回の記事にてご紹介しますが、以下の画面のような形でコーディングをおこないます。

コード(ルーチン)のJavaエディタ

コード(ルーチン)のJavaエディタ

 

以上で、ルーチンの新規作成は終了です。


Sponsored Link

関連記事

Talend Open Studioのコード(ルーチン)の使い方

Talend Open Studio でコード(ルーチン)の使い方についてご説明します。この記事は、

記事を読む

Talend Open Studioのコード(ルーチン)の書き方

Talend Open Studio でコード(ルーチン)のJavaコードの書き方についてご説明しま

記事を読む

code_01

Talend Open Studio のコード(ルーチン)とは

Talend Open Studio で利用するコード(ルーチン)についてご紹介します。この記事は、

記事を読む

PAGE TOP ↑