Talend Open Studioでジョブを実行

Talend Open Studioジョブを実行する方法をご説明しています。



Sponsored Link


Talend だけでなく、各社ETL製品は内部処理がブラックボックス化しているため、エラーが起きた時に何が原因かを突き止めるのに時間が掛かる場合があります。せっかく解決できたとしても、自分の凡ミスや製品バグだったりすると疲労感が倍増するものです。Talend Open Studio は開発環境である以上、デバッグのしやすさは強く求められます。


Sponsored Link

デバッグの方法は別のページに譲りますが、定常的に行なうジョブの実行が便利になるように作られています。GUIで処理の流れ、データの流れがリアルタイムに表示され、バックグラウンドで稼働させる夜間バッチ処理にしてしまうのはもったいないくらいです。…というのは言い過ぎですが、ETLでは命の次に大切と思われる、どのデータソースから何件のデータが読み込まれ、どの処理をデータが何件通過して、最終的にどのテーブル、ファイルに何件書かれて、それぞれの処理でどれくらいの時間がかかったのかを、実行結果の画面で確認することができます。





Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑