Talend Open Studio でメタデータを作成する1

Talend Open Studio でメタデータを作成する方法をご説明します。この記事は、Talend Open Studio for Data Integration v5.4.2 をベースに記事を作成しています。メタデータに関する簡単なご説明は以下の記事で記載しています。まだご覧になられていない方は是非御覧下さい。

Talend Open Studioのメタデータとは

また、CSVをデータソースとするメタデータの作成方法は以下の記事にてご紹介済みです。簡単なジョブの作成方法と合わせてご説明していますので、是非御覧下さい。
Talend Open Studio で簡単なジョブの作成(前半)
Talend Open Studio で簡単なジョブの作成(後半)

なお、本記事で作成するメタデータはRDBのMicrosoft SQL Server 2012 としています。メタデータの作成は幾つかの記事に分けてご説明しています。本記事では、データベースへの接続定義までです。データベースの接続定義を作成した後の、テーブルの定義情報設定については次の記事「Talend Open Studio でメタデータを作成する2」をご参照下さい。対象のジョブやRDBについては皆様の環境と読み替えて御覧下さい。


1.まず初めにメタデータを作成します。メタデータはDB接続のメタデータとし、Microsoft SQL Server をターゲットとしています。リポジトリツリーのメタデータ>DB接続で右クリックメニューを表示し、「DB接続の作成」を選択します。

DB接続のメタデータ作成

DB接続のメタデータ作成

2.DB接続の作成ダイアログが起動したら、まずはステップ 1/2 では最低でもメタデータ名を入力して「次へ」をクリックします。


Sponsored Link

メタデータDB接続の新規作成

メタデータDB接続の新規作成

3.続いて、DB接続 ステップ 2/2 では、接続先のデータベースのタイプ、ホスト名、認証情報などを入力します。ここでは、Microsoft SQL Server (JDBC接続前提)、データベースはサンプルの AdventureWorks2012 を使用する内容で入力、設定しています。ダイアログ上半分の必要情報を入力したら、「チェック」ボタンをクリックして接続テストを実施してください。これでデータベース接続の確認までが実施可能です。

メタデータ DB接続情報の入力

メタデータ DB接続情報の入力

4.DBの接続テストが正常にできれば、メタデータ作成は完了です。「終了」ボタンをクリックしてダイアログを完了させて下さい。

メタデータ DB接続テスト結果の確認

メタデータ DB接続テスト結果の確認

5.最後にリポジトリツリーに作成したメタデータが追加されていることを確認します。

メタデータ DB接続追加完了

メタデータ DB接続追加完了

 

以上で、メタデータのRDB接続定義の作成は終了です。

次回は、「Talend Open Studio でメタデータを作成する2」にてメタデータのテーブル定義の作成方法についてご紹介します。

 


Sponsored Link

関連記事

metadata_create_06

Talend Open Studio でメタデータを作成する2

Talend Open Studio でメタデータを作成する方法をご説明します。この記事は、Tale

記事を読む

Talend Open Studio スキーマのカラム名に日本語を使用する

Talend Open Studio のスキーマでカラム名に日本語を使用する方法です。この記事は、T

記事を読む

Talend Open Studio で作成したメタデータをジョブで使用する

Talend Open Studio で作成したメタデータを使い、ジョブを開発する方法をご説明します

記事を読む

metadata_01

Talend Open Studioのメタデータとは

Talend Open Studio のメタデータについてご説明します。この記事は Talend O

記事を読む

PAGE TOP ↑