Talend Open Studio で作成したメタデータをジョブで使用する

Talend Open Studio で作成したメタデータを使い、ジョブを開発する方法をご説明します。この記事は、Talend Open Studio for Data Integration v5.4.2 をベースに記事を作成しています。メタデータに関する簡単なご説明は以下の記事で記載しています。まだご覧になられていない方は是非御覧下さい。

Talend Open Studioのメタデータとは

CSVをデータソースとするメタデータの作成方法は以下の記事にてご紹介済みです。簡単なジョブの作成方法と合わせてご説明していますので、是非御覧下さい。
Talend Open Studio で簡単なジョブの作成(前半)
Talend Open Studio で簡単なジョブの作成(後半)

メタデータの接続定義を作成する方法と、スキーマ情報(データベースのテーブル定義情報)を取り込む方法は以下の記事でご紹介しています。ご参照下さい。
Talend Open Studio でメタデータを作成する1
Talend Open Studio でメタデータを作成する2

なお、本記事で作成するメタデータはRDBのMicrosoft SQL Server 2012 としています。本記事では、データベースの接続定義の作成、及びスキーマ情報を取り込んだ後の、メタデータジョブ開発時に使用する方法をご説明しています。また、本記事ではジョブ開発に合わせてRDBのメタデータを使用するご説明構成となっています。ジョブは本記事の中で作成する流れとなっていますので、ジョブ作成方法は以下の記事をご参照下さい。
Talend Open Studio で簡単なジョブの作成(前半)


1.まずはじめに、RDBのメタデータを使用する新規ジョブを作成します。ジョブ名は「t002_SampleJob2」としました。単純に新規の空のジョブを作成するだけの作業です。

新規ジョブの作成

新規ジョブの作成

2.続いて、作成したメタデータから、ジョブで使用したいスキーマ情報(テーブル)をマウス操作でドラッグ&ドロップします。この例では、ひとつのスキーマ情報をドラッグ&ドロップでジョブに配置していますが、メタデータツリーから[CTRL]キーを押しながら複数選択して、まとめてジョブに配置することも可能です。


Sponsored Link

ジョブへスキーマ情報を追加する

ジョブへスキーマ情報を追加する

3.スキーマ情報をジョブにドラッグ&ドロップすると、そのスキーマ情報をどのコンポーネントとして使用するかダイアログが表示されます。今回は簡単なサンプルをご説明するものなので、tMSSQLInput コンポーネントを選択して「OK」をクリックします。

スキーマ情報のコンポーネントの選択

スキーマ情報のコンポーネントの選択

4.リポジトリメタデータから設定したスキーマ情報には、あらかじめ設定したパラメータがセットされています。以下の例に示すように、先の手順でRDBからスキーマ情報を取得していましたので、そのRDBへの接続情報とテーブルの情報が自動的にセットされました。

tMSSQLInput コンポーネントに自動設定されているプロパティ

tMSSQLInput コンポーネントに自動設定されているプロパティ

また、このコンポーネントはRDBからデータを読み込む役割ですので、SQLにはSELECT文が自動的にセットされています。このSQL文もTalend Open Studioが自動生成したものです。

"SELECT Person.BusinessEntityID,
		Person.PersonType,
		Person.NameStyle,
		Person.Title,
		Person.FirstName,
		Person.MiddleName,
		Person.LastName,
		Person.Suffix,
		Person.EmailPromotion,
		Person.AdditionalContactInfo,
		Person.Demographics,
		Person.rowguid,
		Person.ModifiedDate
FROM	Person"

5.入力コンポーネントとしてもう一つ機能があります。入力値をトリム(TRIM)する機能です。RDBではなかなか文字列の末尾にホワイトスペースが付いていることは考えにくいですが、末尾にホワイトスペースがついてしまうRDBの種類、データ型だったり、入力元がCSVの場合には十分に考えられるため、プロジェクト全体の使用として、「入力時には必ずTRIMする」などの決めが必要になります。

入力コンポーネントでトリム(TRIM)設定

入力コンポーネントでトリム(TRIM)設定

この記事では、実際のジョブの開発の流れまではご説明しません。ジョブ開発・運用については別の記事でご説明します。コンポーネントを配置したまでで中途半端な形ではありますが、別の記事にてご説明したいと思います。

メタデータをジョブで使用する方法は終了です。

 


Sponsored Link

関連記事

Talend Open Studio スキーマのカラム名に日本語を使用する

Talend Open Studio のスキーマでカラム名に日本語を使用する方法です。この記事は、T

記事を読む

metadata_01

Talend Open Studioのメタデータとは

Talend Open Studio のメタデータについてご説明します。この記事は Talend O

記事を読む

metadata_create_06

Talend Open Studio でメタデータを作成する2

Talend Open Studio でメタデータを作成する方法をご説明します。この記事は、Tale

記事を読む

no image

Talend Open Studio でメタデータを作成する1

Talend Open Studio でメタデータを作成する方法をご説明します。この記事は、Tale

記事を読む

PAGE TOP ↑